新緑の美しい季節になりましたが皆様いかがお過ごしですか?
ゴールデンウィークも終わり、健康診断のシーズンですね。
そこで健康診断のスタートはいつなのか調べてみました

世界初の健康診断は、約150年前のイギリスで行われ、
その後アメリカを経て世界各国の企業へと広がって行ったそうです。
日本で企業の健康診断がスタートしたのは、明治44年に公布された「工場法」がきっかけで、
目的は国民病であった結核対策でした。
ちなみに日本の本格的な健康診断制度は第二次世界大戦前の児童の発育検査が始まりといわれています。

ずいぶん前から実施されていたのですね。
以上、健康診断の結果が怖くて本当は憂鬱な渡邉でございました。
ご覧いただきありがとうございました。


今月の担当は渡邉でした。来月もお楽しみに★